いろいろなガラスがある

ガラスの説明

ガラス修理隊

用途によってガラスを選ぶんが基本です。

ガラスは、用途によって選ぶのが一番です。ガラス交換でわからないことがありましたら施工店でお聞きするのが得策です。基本的なガラスについて記載しておきます。

フロート板ガラス
通常の1枚ものの透明ガラスです。

すりガラス
細かい砂の粒子を吹き付けることでガラスの表面に微細な凸凹をつけた乳白色に見えるガラスのことです。部分的なすり加工も可能。

型板ガラス
室内側の表面がデコボコしたタイプのガラスです。

網入り型板ガラス
ワイヤーが格子状に入り表面がデコボコしたタイプのガラスです。

網入り磨きガラス
ワイヤーが格子状に入った透明なガラス。

ぼかし加工ガラス
透明ガラスにグラデーションですり加工をしたガラス。

異形ガラス
四角形ではなくデザインに合わせた特殊な形状のガラスのこと。現場にて型紙に形状を写し取り、それを元に加工工場で正確に制作します。その為、基本的に特殊な工程が必要になってくるので即日工事ができるものではなく納期が必要となってきます。

フロストガラス
すりガラスと異なっています。手垢が付着しない特殊加工をしているのでインテリア家具などで利用されています。構造は、すりガラスにさらにフッ化水素で化学処理をしたガラスとなっています。すりガラスと比較して柔らかな透明感があって割れにくく汚れにくいのが特徴となっている。


ガラス交換依頼で必要になってくる点について
上記、3点の情報があれば概算見積もりは、お電話でも可能ですが、基本的に現地でお伺いし最終的な施工金額とさせていただきます。


北海道地区エリア紹介
厚別区 清田区 豊平区 白石区 手稲区
江別市 石狩市 岩見沢市 恵庭市 小樽市
北広島市 千歳市

受付電話