災害対策

網入りガラス

光熱費のコスト削減を考えるなら複層ガラスが有効的

網入りガラスは、一般的なフロートガラスの内部に金属線でできた網が挿入された構造のガラスです。通常、ガラスは衝撃にものすごく弱くて衝撃を受けるとバラバラに割れてしまうことが多々あります。この網入りガラスを使用するとガラスが網により固定されることになるので、割れたとしても網により支えられて下に落ちることはないという飛散防止効果がある利点があります。この構造によって準防火地域の窓ガラスとして網入りガラスのような防火ガラスの設置を定められている地域があります。準防火地域の窓ガラスとして使用される網入りガラスなのですがは防火設備として以外の機能もあるとされています。網入りガラスは防火ガラスとしての構造上、ひび割れを起こしてもガラスが脱落することがありませんので地震による強い振動や台風のような強風にも一般的な窓ガラス以上の耐久性があると公示されています。ガラスの脱落は、避難時の妨げになるだけでなく外部からの風が吹き込んだり開口部ができることによる侵入者の危険性を増大させますが網入りガラスはそういった不安を低減することができる安全性に良いガラスなのです。


北海道対応可能地域

江別市 石狩市 岩見沢市 恵庭市
小樽市 北広島市 千歳市

受付電話