硝子の定義とは

豆知識(定義編)

硝子の定義

まず転順に疑問に思うのがガラスは固体か液体か?なのですがガラスを定義することについては非常に難題でこれまでもいくつかの定義が発表されてきています。「目に見えて触ることもできるから固体である!」「構造論的を考慮すると、ものすごく冷えた液体である!」などなど、さまざまな議論がされてきまていますが言論ではでは、「ガラスは液体のような性質を持った固体のようなもの」と定義されています。どう考えてもどっちでもあるとしか思えなくかなりいい加減であいまいとしかいえない「ガラス」という素材は、いまだにはっきりと解明されていない秘めた可能性を持つ素材であるのではないだろうかと言えます。さて、ガラスは、もともと透明な板の形をしているわけではないのです。ガラスの原料は、実は砂です。それと合わせて、珪砂・ソーダ灰・石灰石などの自然原料を決められた比率で調合して製造されています。ガラスを「ソーダ石灰ガラス」と呼ぶことがありますが、この名前はガラスの原料が由来となっています。

広義には,溶融状態にある液体を冷却する際,一定の凝固点を示さずに凝固する非晶質の固体の総称とされている。ケイ砂,ソーダ灰,石灰石,ホウ酸などを主な原料で高温で溶融させて冷却したもので透明で硬くもろい物質となります。実用的なガラスとしては大体酸化物ガラスに限られています。一般に硬くてもろく加熱すると軟化し一定の融点を示さずに徐々に粘性を失って液体状態になっていく。常温では吸水性,通水性,通気性などがなく電気の絶縁体で色ガラスや乳白ガラスなど特殊なものを除いては無色透明である。ガラスが初めてつくられたのはエジプトで紀元前24―紀元前22世紀頃といわれいる。製法には種々あるが,一般に原料を調合・溶融し,器物の場合には人の呼気を利用する宙吹き法や型吹き法,押型法などにより成形,びん類等は自動製びん機で量産化されているものもある,

受付電話


エリア紹介
東大阪市 池田市 河内長野市 泉佐野市 貝塚市 泉大津市 柏原市 泉南市 四条畷市 阪南市 大阪狭山市 高石市