ガラスの歴史を調べてみた

歴史の豆知識

ガラスの歴史

ガラスが最初に作られたのは、はっきりとしたことが分かっていませんが多数の学舎や研究者が認めている最古のガラスは、西暦紀元前25世紀頃(約4500年前)だと仮定されています。最初にガラスが作られたと考えられている場所は、古代オリエントと呼ばれる地方なのですが最も製造が進んでいた時期が紀元前15世紀頃のエジプトだと仮定されていて、ガラス瓶や容器などが製造されていたようで発掘もされています。その後、紀元前1世紀ころ古代シリアで「吹きガラス」の技法が発明されました。吹きガラスとは細い鉄のパイプの先に溶けたガラスをつけ息を吹き込むことでガラスをシャボン玉のように膨らませる技法でガラスの成形されます。この製法で瓶や容器の製造に広く使われていきました。貴重品とされていたガラスですが、この技法により一般化され多方面に技術が広がっていきました。日本で有名なのが北海道の北一硝子さんやふらの硝子さんが有名です。吹きガラスの創作体験もできるので興味が有れば行ってみてください。話はそれましが日本で発見された最古のガラスは、弥生時代前期と考えられていますが日本におけるガラスの歴史では、西暦1549年フランシスコ・ザビエルが来日したことにより加速していきましたがキリスト教の布教のため、当時の領主にガラスの器や鏡、眼鏡などを贈ったそうです。その後、海外との交流が盛んになっていき多くのガラス製品が輸入されていきガラス作りも盛んになっていきました。



受付電話


エリア紹介
大和高田市 桜井市 葛城市 宇陀市 五條市 橋本市 紀の川市 海南市 岩出市